運動によるストレス解消法のデメリット

やるまでに時間がかかる

ストレスが溜まったことにより、運動でストレス解消しようと思っている方もいるのではないでしょうか。運動するということは心身ともにスッキリするだけではなく、健康にもいいことなのでメリットはたくさんあります。しかし、デメリットを挙げるとすると、いざやり始めるまでに少し時間がかかってしまうということです。普段から良く体を動かしている方は大丈夫かもしれませんが、あまり運動をしない方や運動が苦手な方などは、面倒くさく感じてしまって結局やらなかったり、途中でやめてしまったりすることもあるでしょう。むしろ、運動することがストレスに感じる場合もあるかもしれません。そういう時は、友達を誘ってスポーツをしたり、オンラインでヨガを習ったりするなど、人と一緒に行うことをおすすめします。

場所を選ぶ場合がある

ストレス解消は、自分がやりたいときにすぐやりたいと思っている方も多いはずです。やはりストレスというものは、自分の予期せぬタイミングで降りかかってくるものなので、手っ取り早い方法が嬉しいですよね。しかし、運動をストレス解消法にする場合は、場所を選ばなくてはならないということがデメリットとして挙げられます。運動の種類にもよりますが、体を動かすとなるとある程度のスペースを確保したり、場合によっては騒音で迷惑をかけないよう注意しなければならなかったりします。周りを気にせず思い切り体を動かすために、家の中ではヨガや筋トレなどの軽い運動をして、激しい運動の時は外に出たりジムに行ったりするなど、場所の使い分けをするといいでしょう。

Back to Top