食事によるストレス解消法のデメリット

肥満につながるリスクがある

食事によるストレス解消法のデメリットは、肥満につながるリスクがあり、そのことが新たなストレスを生んでしまう可能性がある点です。特に飲酒しながらおつまみを食べるケースでは、揚げ物やピザなどハイカロリーなものを口にしがちです。また、友人などと話しながら飲食をしている場合は、口さみしさからいつもより多く飲食をしてしまうケースがあります。

このように飲酒しながらハイカロリーなものをとった際は、その後2日ほどかけていつもより少なめの食事を心がけることが大切です。また、するめや冷ややっこ、枝豆のようにローカロリーなおつまみを極力用意するようにして、カロリーの取り過ぎを抑えることも必要です。工夫次第で、ストレスなく飲食を楽しめるでしょう。

体調を崩す恐れがある

食事によってストレスを解消し続けていると、胃腸に負担を与えてしまい、体調を崩すリスクを高めます。特に夜遅くに食事をとった場合、食べ物が消化しないうちに寝てしまうこともあり、それによって胃のむかつきや胸焼けを覚えることもあるでしょう。夜遅くに食事をとる際には脂っこいものを避けるなど、工夫が大切です。また、食べる前にサプリメントなどをとるのもよいでしょう。

胃腸に負担をかけないためには、食べる時間と食べない時間のメリハリをつけることが大切です。特に夜遅く食べ過ぎてしまい、胃の調子がおかしいときには翌朝無理に食べずに胃を休めましょう。消化吸収にエネルギーを使わないことで、胃腸の調子も少しずつ整っていくでしょう。

Back to Top